永久脱毛できる医療脱毛のメリット

2015/01/23

いつもの通勤する道を早足で歩いていて、なんだか汗ばむようになってきたらそろそろ半袖を着た方がいい季節になってきたということです。そうなってくると冬にさぼっていても平気だったことをはじめなくてはなりません。これが少し憂鬱なのです。お風呂に入るのが楽しいだけの時期はそろそろおしまいです。一番時間がかかって毎日必要となる季節になったのです。これは自分だけじゃないようです。女性の多くがお風呂で一番時間がかかるのがムダ毛の処理なんです。そうなるとお風呂に入りながらビールを飲む事もできなくなってしまいます。だって刃物を使うのですからほろ酔い厳禁ですよね。ですから今年は医療脱毛に挑戦してみようかと思うのです。脱毛にはエステでできる脱毛もありますがエステの脱毛は脱毛サイクルにあわせてエステに通わなくてはなりません。今後仕事も新しいプロジェクトがはじまって時間についてもどうなるかわからないし、できるだけ脱毛には通いたくないという希望もあります。それにここの部の先輩が昨年永久脱毛を受けて何だか処理が全然楽なのといっていたので医療脱毛の永久脱毛にしようかなと思いました。今回はクリニックで永久脱毛を受けたいと思います。永久脱毛は1度の処理で毛がなくなるわけではありません。1度で生えてこなくなる毛もあれば何度もレーザーをあてなければならないところもあるそうです。その理由にまでどうしてなのか先生には聞きませんでしたが。

ツルツル肌へ

2015/01/23

つるつるの肌は女性ならいくつであっても憧れるものです。しかし、腕や足、脇などは処理しても処理しても生えてき、悩みの一つではないでしょうか。脱毛と言ってもいろいろな種類、手法があります。それでは、大きく二つに分けてみましょう。それは、自分で処理するかエステサロンなどに通い処理をするかという二つです。ドラッグストアなどでの女性用のカミソリの取り扱いの豊富さには目を見張るものがあります。専用のフォームなどをつけずにお風呂で簡単に処理できるという手軽なものもあり、主流になっています。または、毛抜きで抜いたり、脱毛ワックスや専用の脱毛器具で処理するという方も多いと思います。しかし、自分で処理すると、知らないうちに肌を傷つけ、肌が荒れてしまったり、毛が皮膚内に入り込んでしまう埋没毛ができてしまったりといったトラブルになることも多く見受けられます。また、それを自己流で治そうとするとトラブルの連鎖になってしまうということもあります。その点、エステサロンなどで脱毛をするとプロがきちんとした知識のもとで脱毛をしてくれるので、トラブルに繋がりにくいようです。近年ではレーザー脱毛や光脱毛と言う単語もお馴染になってきています。また最近ではお試しコースや割引チケットなどで安く脱毛を行っているところもありますが、自分で脱毛を行う場合に比べると金額的にはかなり差があります。そこで、日常のお手入れは自分で、特別な日の前はエステサロンでといったように使い分けて利用すると良いでしょう。

脱毛の種類を比較しよう

2015/01/23

一言で脱毛と言っても、いろいろ種類がありますし方法・仕方なども違います。あなたがどの様な意味合いで脱毛したいかによっても変わるでしょう。手っ取り早く処理したいならかみそりで剃るとか、脱毛ワックスを使うとか。もう永久にムダ毛を無くしたいんだ?と言うなら。エステや医療機関での永久脱毛でしょう。脱毛の種類について比較してみましょう。ワックス脱毛(顔以外)これは自己処理やエステなどで利用される方法です。脱毛ワックスを肌に塗布して、毛根から抜き取ります。永久脱毛は不可能ですが、肌に負担がかからず、一時的に脱毛が出来ますのでお勧めです。ニードル脱毛(電気脱毛)この方法は、細い針を毛穴にひとつひとつ差して、差し込んだ針に微弱の電気や高い周波の電流を流す事により毛根自体を破壊させる方法です、毛の再生を妨害する方法ですね。フラッシュ脱毛(光脱毛)、黒色に対して反応がある光を使い、毛球や毛乳頭を処理します。レーザー脱毛と原理は似てますが、レーザーより波長が長く、毛根の深さに反応するそうです。プラズマ脱毛(光脱毛)こちらも基本的にはレーザー脱毛と同じでフラッシュ脱毛同様、高性能です。但しお値段もかなりしますので、やはりきちんとした医療機関ないしエステサロンを選んでするのがよろしいかと思います。この様に脱毛と一言では説明するのが難しいほど、各エステサロンからなどもプランがあります。また家庭脱毛器を買って家で使用できるのも有ります。今の家庭脱毛器も高性能ですのでエステと変わりなく利用が出来ます。以上脱毛の種類を比較してみました。

家庭用脱毛機器について

2015/01/23

脱毛をするために脱毛サロンや、エステに通う人も多いですが、家庭用脱毛機器の高機能を搭載した製品も増え続け、中には、サロン使用に近いものも販売されています。自分で家にいて処理が可能ということは、忙しい人にとっては、うれしいものです。現在販売されている家庭用脱毛機器について少しご案内いたしましょう。ヤーマン「no!no!HAIR」は、熱線式脱毛器で、熱線が毛を切断し、毛根部分に働きかけ、毛を伸びにくくしてくれます。細い毛にも効きやすく、肌への負担面での研究をされた人気商品です。Panasonic「ソイエ」は、回転式の脱毛器で、回転部分に毛を挟んで抜いていきます。泡ソイエは、泡をつけて使うタイプで、やわはだガードなどをカバーを使用するタイプなど、抜ける時の痛みを感じさせない工夫がされています。また、家庭用フラッシュ式脱毛器である、「イーモリジュ」は、脱毛テサロンでも使われている光脱毛であり、毛根部分に光を流して脱毛をするタイプです。脱毛後の肌のほてりを鎮めるクールパックや、ミニ美顔器などもセットになっている美容機器で、自宅にいて、エステサロンでの脱毛をしているかのようなメニューを実感できる商品です。「トリア・プラス」は、こちらも光脱毛を使った家庭用レーザー脱毛器です。これは、米国発ベストセラー脱毛器i-epi(アイエピ)の後継機種でもあります。商品の価格も大幅に安くされたにもかかわらず、脱毛処理速度は、2倍にアップしているヒット商品です。しかし、どれも、家庭用ということであり、医療機関や、エステと比べると個人によっては、満足のいかない可能性もあります。特に、お肌にトラブルがある方は、ご自分での判断での使用には注意が必要です。脱毛後のケアもできないと肌トラブルの原因にもなりかねませんので、心配な方は、まず皮膚科などに相談のうえ、使用することが大切です。

脱毛方法の種類

2015/01/23

一般的に脱毛には大きく分けて2通りあります。医療機関やエステなどで行われる脱毛、そして自分で処理を行う自己処理です。医療機関やエステなどで行われる脱毛方法にはレーザー脱毛、電気脱毛、光脱毛など主に機器を用いた脱毛で、費用は自己処理に比べて高く、価格設定も施術機関によりまちまちです。レーザー脱毛は、毛根部分にある黒いメラニン色素に反応する単一波長のレーザー光を利用し、毛根・周辺組織に当たる場所を熱で破壊・焼失させ脱毛する方法で、照射する出力が強いので、一回の施術だけ見ても十分に脱毛の効果を感じるものがあります。電気脱毛は、針を毛穴に差し込み、電気もしくは高い周波の電気を流すことで毛根部を消滅させ、それ以後、毛が再度生えてこないようにする脱毛の処理方法で、他の方法と比較して痛みは強いですが仕上がりが確実で、Vライン、眉、顔、脇のような範囲の狭い箇所の脱毛には適しています。光脱毛は、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、「プラズマライト脱毛」等いくつかの種類を総称して光脱毛と呼ばれ、様々な波長が絡み合う光線にフィルターをかけ、 黒い色に対してのみ反応する波長だけを取り出して毛根・周辺組織に当たる場所を熱で破壊・焼失させ脱毛する方法です。照射出力がレーザー脱毛よりも低いので効果が出にくい場合もあります。 一方、自己処理での脱毛方法には剃刀、毛抜き、脱毛クリーム、ワックス脱毛、テープ脱毛、家庭用脱毛器などがあり、ドラッグストアなどで脱毛用品を自分で購入して安価に脱毛ができます。剃刀は最も一般的な脱毛方法で、短時間で広範囲の処理をすることができます。毛抜きによる脱毛は、時間はかかるけれども、根元から抜くことで毛が生えるまでの時間が長くなります。脱毛クリームによる脱毛は、脱毛する部分にクリームを塗るだけなので手軽に広範囲の処理を行うことができますが、肌に対しての刺激が大きいものがほとんどです。ワックス脱毛、テープ脱毛は、粘度の高い液体を温めて、あるいはシート状のテープを脱毛する部分に貼り付け、一気に剥がすものです。痛みを伴いますが、根元から抜くことができるので毛が生えるまでの時間は長くなります。家庭用脱毛器による脱毛は、機種により脱毛方法、効果など様々なものがあります。

脱毛の方法

2015/01/23

 

脱毛方法につきまして、ムダ毛のお手入れは女性のみならず、男性も注目しているようです。個人脱毛や医療機関での方法や、エステサロンなどでの脱毛方法があります。自己処理での方法では、ワックスや毛抜き、かみそりなど方法がありますが、繰り返ししなければいけないのと後の手入れがめんどうですね。良く言われているのが医療機関でのレーザー脱毛方法でムダ毛処理をするものとか、これは永久脱毛になります。光脱毛と言われている、やはり医療機関ないしエステサロンでの方法もあります、特殊な光が出力される機器で処理します。個人でお薦めなのは脱毛クリームで、ローションタイプもあります。脱毛クリームの良い点は肌に負担がかからなく、広範囲の毛を一気に除毛出来る点です。かみそりも手っ取り早い方法ではありますが、肌に負担がかかるのと、毛穴から肌の表面に出現した部分を切るだけですので、またすぐに生えてしまう問題があります。毛抜きでは皮膚の負担が一番強く、一本ずつしか出来ない為、時間がかかり過ぎる点が挙げられます。エステでの永久脱毛も方法ではありますが、いきなり永久脱毛に抵抗がある方は、脱毛クリームが良いのではないでしょうか?家庭脱毛機などもあります、フラッシュ脱毛器ならはだにもやさしく、カードリッジも長持ちします。エステと同じレベルで一度買ってしまえばカードリッジの交換だけですので、長い目で見ればエステよりコストが安くなります。

 

医療脱毛のメリットとは?

2015/01/23

レーザー脱毛は、無駄毛の毛根組織を破壊し、毛を生えないようにするのが目的です。さらに、この毛根組織を破壊する施術は医療行為で、日本では、医師免許がなければできない施術ですので、医療脱毛はレーザーを使用しているのです。これだけ有名になった医療脱毛ですから脱毛効果は抜群です。医療脱毛が行われた当初は、それまでの針脱毛に比べて時間も早く、痛みも個人差ではありますが、針脱毛に比べて痛くなく、さらに脱毛機器も年々改良されているので、痛みを感じさせない脱毛が可能になっています。医療脱毛のレーザー脱毛をすることによって毛穴は目立たなくさせ、毛穴のくすみを分解するという美白効果もあるので、一石二鳥です。レーザー照射をしていくだけなので、非常に短い時間で終わることがメリットです。例えば両脇の場合、5分から10分程度で終了してしまいます。一回の施術時間がとても短いということです。学校帰りや仕事帰りの時間が空いたときに医療脱毛を気軽に受けることが出来ます。もし、永久脱毛を希望するのなら、毛周期に沿って何度か施術を行うことになります。そして、広い範囲を一度に脱毛できるのです。レーザーが届く範囲ならば脱毛が可能ですので、短時間で済み、広い範囲を脱毛できます。医療脱毛の一番のメリットは何と言っても安全性です。皮膚への負担もなく、自己流で行った脱毛によるカミソリ負けなどの皮膚トラブルが起こっている時でも施術を受けることが出来ます。

医療脱毛で安全脱毛

2015/01/23

医療脱毛で、気になる部分を綺麗に処理できます。つるりとしてすべすべの肌は、女性の憧れです。ムダ毛の無い脚、背中。背中のムダ毛は、特に自分で処理がしにくいところです。又、見にくいところなので、案外想像以上に、ぼさぼさしているかもしれません。これでは、ちょっと残念です。医療脱毛を受ければ、ムダ毛を綺麗に処理できます。医療脱毛は、その名前の通り、クリニックで受けられる脱毛です。クリニックなので、もちろんお医者様も看護師さんもいて、しっかりと見て判断。注意しながら脱毛を進めてくれます。ですから、その人その人に合せた、きめ細かい施術を行ってくれます。お肌には、個人差があります。とても丈夫な方から、デリートな方。又、敏感肌の持ち主もいらっしゃいますね。この肌の質も注意深く見て、脱毛はおこなわれるべきものです。Aさんは大丈夫でも、Bさんには合わないこともあるからです。医療脱毛なら、医師が的確に判断して、丁寧に脱毛を行います。たとえ、何かあってもすぐに対応してもらえるので、心配しなくて良いのです。どんなものであっても、一番大切なのは、安全であること。そして安心してできることではないでしょうか。クリニックなら、その両方が望めます。もし、ムダ毛が原因で、今一つ積極的に行動できない方がいらっしゃるなら、もったいないことです。医師に相談してみても良いと思います。脱毛クリニックに、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

永久脱毛は医療行為

2015/01/23

永久脱毛という施術は医療行為に当てはまります。日本医学脱毛協会と呼ばれる、安全な脱毛を広げるための活動を行っている医師のみで構成されている団体があり、約300名の会員登録している方が在籍しています。この日本医学脱毛協会というのは脱毛に関する研究や脱毛の正しい知識、そして脱毛の施術を行う医師や看護師などの技術の向上などを主な活動としています。脱毛といえばエステサロンでの施術といったイメージが世間一般で広がっていますが、永久脱毛を施術するのは医療機関でしか行えません。医療機関でない場所での永久脱毛は違法なのです。しかし医療機関は広告を発するにあたりさまざまな規制があります。それなので認知度が低く、世間的には広がっていないというのが現状です。それに比べエステサロンなどの広告には規制が設けられていないので、大々的に広告をしているところが多くあります。そしてそれを目にした人がエステサロンに駆け込み、お肌にトラブルを起こしてしまったり、費用面についてのトラブルがあったりして問題になることがよくあります。永久脱毛というのが医療行為というのは法律で定められています。厚生省の医事課が昭和59年の11月、昭和63年の2月に「永久脱毛として処理を行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、医師以外の者が行えば医師法違反となる」と発表しているのです。しかしながら前記のように医療機関では広告を出すことに規制があるため認知度が低いのです。永久脱毛を考えたとき、さまざまなトラブルに巻き込まる事がないようにするためにも、永久脱毛というのは医療行為であるという認識を踏まえて行動する必要があるのです。

全身脱毛のここに注意!

2015/01/23

 

エステサロンなどで全身脱毛を行なうさいにも注意しなければならない点があります。エステサロンでは専門知識を持ったスタッフが対応してくれますが、全てお任せでやってもらうという風にはいきません。自分自身でも気をつけなければならないこともありますのでいくつかご紹介していきたいと思います。まず1つ目、日焼けをしないこと。これは全身脱毛だけの話ではないのですが、日焼けというのは皮膚にやけどをしているのと同じ状態ですので、脱毛を行なっている最中は肌に紫外線を当てないように注意してください。日焼け止めを使用するなどして日焼けをしないように注意しましょう。全身脱毛を行なっている最中には自己処理をしないようにしましょう。最初の頃は毛の量があまり変わらないので自己処理をしてしまいたくなるのですが、自己処理を行なってしまうとエステサロンで行なう脱毛の妨げになってしまうことがあります。毛の生えている部分に光を照射して成長期にあたる毛を脱毛していくため、自分で処理をしてしまうと、見分けがつかず分からなくなってしまいます。脱毛開始の季節を長袖になるあたりから開始するとムダ毛をあまり気にすることなく全身脱毛を受けることができるのではないでしょうか?エステサロンを選ぶ際にはきちんとカウンセリングに時間をかけてあなたの毛質、肌質など細かくチェックしてくれるサロンを選びましょう。インターネットで口コミのサイト等を見たり、直接問い合わせてどういうプランで行なうのかを確認したり、よく吟味して自分に合ったサロンを選ぶことが大切です。